• トップ

LINEで送る

矯正歯科のマウスピース矯正

歯

矯正歯科では、歯並びを美しくすることを目的に治療をしています。歯並びがよくないと審美性の問題は当然ですが、虫歯や歯周病などになるリスクがあがるというデメリットがあります。それ以外にも、発声がはっきりしなくなったり、あごや体に負担がかかりやすくなるという問題もあります。ですので、できれば歯並びは治しておいたほうがいいといえます。矯正歯科では矯正装置を使って歯並びを改善していきます。最近では透明で目立たないマウスピースを使用したマウスピース矯正という治療法があり、できれば周りに気づかれることなく治療がしたいという人に向いている治療法です。マウスピース矯正は、矯正歯科で作成したマウスピースを歯に装着することで、歯を少しずつ動かして矯正します。従来のブラケット矯正で使われる矯正装置は、金属製だったので目立ちやすいのが欠点でしたが、マウスピース矯正は透明のプラスチック製で、よほど近くで見ないかぎり目立たないので、仕事柄、矯正装置が見えると困るという人でも安心です。また、目立たないだけでなく、必要に応じて着脱することもできるので、歯を磨くときや食事をとるとき、楽器等を演奏したいといなどにも便利です。

 

新着情報

↑PAGE TOP