• トップ /
  • マウスピースで治療する矯正歯科

LINEで送る

矯正歯科の新しい治療方法は

歯

矯正歯科とは、歯並びを直して噛み合わせを矯正していき、歯並びの不ぞろいから起こる咀嚼や肩こりの問題などを改善する診療科のことです。現在は、歯の表面や裏面にワイヤーを通す装置を設置する従来の治療法に次いで、オーダーメイドのマウスピースを使って徐々に歯の位置を修正し、歯並びを改善していく手法が登場しています。矯正歯科の医師や治療を受ける方の歯の状態によって治療期間は前後するものの、ワイヤーを使用して治療した場合とほぼ同じ治療期間で済むこと、またワイヤーを着けた際は笑った時にワイヤーが見えてしまいますが、マウスピースの場合は透明であるため、人と話をしていて、「あ、矯正治療を受けているな」と気付かれにくいメリットがあります。矯正歯科での治療期間については、先に挙げたようにワイヤーとマウスピースでは大して差はなく、まず一年は掛かると想定しておきましょう。歯並びの状態によっては抜歯することもありますが、これはワイヤーを使っての治療でも同じです。治療期間中は、食事と歯磨きの時以外はマウスピースを装着し続けるよう指示を受けますが、歯磨きをする時には取り外すことができるため、磨き残しの心配がありません。治療を始める際には、これからの治療方針や気をつけるポイント、マウスピースの使い方などをきちんと丁寧に教えてくれるため、安心して相談することができます。歯並びは直しておいて損はありません、懸念があれば一度受診してみるとよいでしょう。

 

↑PAGE TOP